債務整理方法の一つが自己破産

自己破産するとどうなるか

バブーンのカップルとインパラの群れ自己破産とは債務整理の一手法で、債務を負っている人が自ら申し立てることにより支払い不能状態にあることを裁判所に認めてもらい、一切の返済義務を免除してもらうことをいいます。
いわば借金問題の最終的な解決手段ということになります。

自己破産制度の利用条件

この制度を利用するにはいくつかの条件があります。
代表的なものを挙げれば、まず借金の原因が浪費やギャンブルなどによるものではないこと、名義等を偽って借金をしたりしていないこと、裁判所からの照会に答えなかったり虚偽の回答をしたりしていないこと、などです。
また、過去にこの制度の適用を受けている人は、7年の間は新たに適用を受けることができません。

裁判所が自己破産を承認するか判断します

破産の申し立てがあった場合、裁判所はこうした点を審査のうえ、適当と認められた場合は破産手続き開始の宣告を行います。
手続きが開始されると自宅等の財産は競売に付され、預貯金や現金も当座の生活に最低限必要な分を除いては債権者への配当に回されます。
そしてすべての清算手続きが結了すると、免責が決定されて残りの借金はすべて帳消しとなります。

自己破産は究極の債務整理方法

自己破産は経済的には大きな痛みを受ける経験ですが、以後は返済や取り立てへの不安がなくなるため、精神的な安堵をもたらします。
また、免責決定以降に受け取る給与等はもはや返済に回す必要がなく、自分の自由に使うことができるようになります。

ブラックリストに載るなどのデメリットもあります

なお、破産すると戸籍にキズがつくとか選挙権がなくなるといった風説が一部に流れていますが、これはいずれも事実ではありません。
免責後も普通の生活を送ることができます。
ただし住所氏名が官報に掲載される、金融機関のいわゆるブラックリストに載るため7年程度の間は住宅ローンを組んだりすることができなくなるといったデメリットも存在します。