個人再生とはどのような債務整理の方法か

新しい債務整理方法、個人再生

水牛の群借金の返済に追われて日々の暮らしが困難になっている人の生活再建手段として知られているのが、債務整理です。
債務整理の進め方にはいくつかのやり方がありますが、その中で比較的新しい手法として注目を集めているのが個人再生です。

個人再生とはどのような制度か?

個人再生は2001年4月にスタートした制度で、裁判所の許可を得て債務の額を圧縮したり返済スケジュールを策定したりすることをいいます。
株式会社等の法人にあっては破産手続きをとらずに債権を目指す民事再生という手段がありますが、いわばその個人版ということになります。
自己破産のように財産の一切を清算してしまうのでなく、ある程度の生活水準を維持しながら債務整理ができるという点に特徴があります。

個人再生の手続き

具体的な手続きとしては、まず管轄の地方裁判所に再生の申し立てを行います。
その際、現在の収入水準から見て原則3年程度で実現可能な返済計画を策定します。
この計画を裁判所が認めると、残りの債務は免除となります。
たとえば債務の総額が500万円だとして、3年間で300万円は返済可能だとすればその300万円を着実に実行するという前提で残りの200万円は返済しなくてもよいことになります。

自己破産と異なり、土地と不動産を失うことは無い

この際、一定の要点を満たせば住宅ローンは別建てにして良いという特例措置があります。
この特例を利用すれば、債務者は自己破産の場合と異なり自宅を失うことなく債務を整理することが可能になります。
もちろん住宅ローンを除外するということは、その分の返済は免除されないということを意味します。
そのため個人再生の適用を受けるには、住宅ローンの返済と残りの債務に係る計画的な返済とを実行できるだけの継続的な収入が見込まれる必要があります。